ニキビが跡になってしまう理由

炎症によるダメージが原因だった

ニキビは治ったけれど、シミのような色素沈着やクレーターのような跡が残ってしまった・・という、経験を持つ方も少なくないようです。 色素沈着やクレーターなどのニキビ跡は、症状に違いはあるものの「ニキビの炎症」が原因で起こる肌トラブルです。 ニキビが炎症を起こした部分は、肌細胞を守ろうとして多くのメラニン色素が作られます。 このメラニン色素が肌細胞に沈着してしまうと、シミのような跡が残る色素沈着タイプのニキビ跡になってしまうのです。 また、ニキビの炎症が皮膚の奥深くにまで到達すると、皮膚の表面がデコボコとまるで月のクレーターのような状態になってしまう、クレータータイプのニキビ跡が出来てしまうリスクが高まります。

正しいスキンケアで対策しよう

色素沈着タイプ・クレータータイプ、どちらのニキビ跡もニキビが炎症を起こした事で起こるのが特徴です。
予防するにはなるべくニキビの炎症を早く、鎮めるケアを行いましょう。
そのためには正しいスキンケアが欠かせません。洗顔はニキビに刺激を与えないよう優しく行う、ニキビが出来ていてもしっかり保湿するというケアがニキビ跡予防に効果が期待出来ます。

また、ニキビが出来ている時に紫外線に当たると、メラニン色素が過剰に作られてしまい色素沈着タイプのニキビ跡が、出来やすいと言われています。ニキビが出来てしまうと、肌に悪いのではというイメージから日焼け対策を止めてしまいがちです。ですが、ニキビ跡予防には紫外線対策も、必ず行いましょう。
ニキビが出来ている際は、肌への負担が少ないパウダーファンデーションで、紫外線対策する事をおすすめします。